太宰府天満宮×フィンランドテキスタイルアート

太宰府天満宮文書館でのマリメッコの展示

太宰府天満宮文書館でのマリメッコの展示

 

太宰府天満宮で開催された
「フィンランドテキスタイルアート 季節が織りなす光と影」

御祭神・菅原道真公が「学問の神様」「文芸・芸能・芸術の神様」として崇められ、古来よりアートと深い関係にある福岡・太宰府天満宮。その宝物殿でフィンランド・テキスタイルアートの展覧会が開催されるというので、東京よりはるばる福岡を訪れた。(本記事は2013年2月26日に訪れた際の記録です)

 

日本建築とマリメッコのテキスタイル

マリメッコを象徴するモチーフ「Unikko(ウニッコ)」のバナーがはためく

宝物殿の入り口にも、marimekko(マリメッコ)を象徴するモチーフ「Unikko(ウニッコ)」のバナーがはためく

福岡・太宰府天満宮宝物殿で2012年12月1日から2013年3月10日まで開催された展覧会「フィンランドテキスタイルアート 季節が織りなす光と影」。期間中は太宰府天満宮境内の様々な場所でフィンランドテキスタイルによるインスタレーションが行われた。

飛行機と電車を乗り継ぎ太宰府の駅に降り立つと、目の前に広がる太宰府までの参道に、フィンランドを代表するテキスタイルブランド・marimekko(マリメッコ)を象徴するモチーフ「Unikko(ウニッコ)」のバナーがはためいていて、早くも気持ちが盛り上がる。

フィンランドデザインアートの中でも自然との関わり色濃く感じることができるテキスタイルを中心に展示される今回の展覧会。日本の伝統的な神社という空間で、フィンランドデザインがどのような調和を見せてくれるのかどうしても見てみたかった。

お目当ては、2月9日から24日までの期間限定で公開された太宰府天満宮文書館での展示。菅原道真公の「御神忌千年大祭」の記念事業の一環として1901年に建てられた木造建築で、普段は入ることのできない貴重な建築物だ。

Maija & Kristina Isoraによるテキスタイルが床の間を飾る 左)Lokki/1961 右)Joonas/1961

Maija & Kristina Isoraによるテキスタイルが床の間を飾る 左)Lokki/1961 右)Joonas/1961

 

床の間には、Maija & Kristina Isora(マイヤ&クリスティーナ・イソラ)デザインによるマリメッコのテキスタイル「Joonas(ヨーナス)」「Lokki(カモメ)」が飾られ、 文書館の裏庭には石本藤雄氏の「Selanne(地平線)」を見ることができる。

 

文書館の裏庭の廊下に沿って一直線に張られた石本藤雄氏のSelanne(地平線)

文書館の裏庭の廊下に沿って一直線に張られた石本藤雄氏のSelanne(地平線)

 

畳やふすま、障子、床の間など日本建築ならではの空間におさめられたフィンランドのテキスタイルデザインは不思 議と調和していて、フィンランドと日本、自然とデザインの密接な関係を感じることができた。しばしこの貴重なコラボレーション空間で畳に座り込み、ぼーっ と過ごす贅沢を味わってきた。

 

100年前のシャンデリアがともる歴史ある空間に、フィンランドのテキスタイルが調和する

100年前のシャンデリアがともる歴史ある空間に、フィンランドのテキスタイルが調和する

 

Unikko柄をまとった麒麟像

もうひとつ見たかったのが、浮殿におさめられたマリメッコ柄のテキスタイルをまとった麒麟像だ。太宰府天満宮の境内には一体の麒麟像が現存しているが、実はかつては二体あり、太平洋戦争の折、金属として供出させられ一体のみが残ったというエピソードがある。

 

大胆な花柄のウニッコをまとった麒麟像

大胆な花柄のウニッコをまとった麒麟像

太宰府天満宮の境内に一体だけ残った麒麟像

太宰府天満宮の境内に一体だけ残った麒麟像

今回境内でのインスタレーションを担当したインテリアデザイナーima(小林恭と小林マナ)は、この麒麟像を復活させることで、太宰府の歴史に触れる体験 をと考え、「Unikko(ウニッコ)」柄の布で覆った麒麟像を完成させた。ウニッコで覆うというアイデアは、資料の中に残されていた麒麟像の写真の胴体 に、花のような模様が描かれているのを発見したことに由来する。こうして、歴史とテキスタイルを融合させたインスタレーションが実現した。

秋の大祭でお神輿が休む場所である浮殿は、普段は閉じられているため、木の格子越しに覗くように見なければならないが、想像上の聖獣である麒麟だけに非日常感が増し、なかなか良い雰囲気の展示だった。

Dora Jung(ドラ・ユング)、Maija Isora(マイヤ・イソラ)、石本藤雄らフィンランドテキスタイルの巨匠による作品を紹介した宝物殿では、寒いフィンランドの冬をイメージした暗く重い トーンの作品を中心に展示。境内ではポップで明るいイメージの作品を紹介し、光の屋外と影の屋内という対比から、フィンランドデザインがもつ二面性や季節 が織りなす豊かな世界観を表現した今回の展覧会。日本人がもつ自然観とも共通する自然と調和した暮らし方を、テキスタイルを通して感じることができた。

 


太宰府天満宮

福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
http://www.dazaifutenmangu.or.jp

フィンランドテキスタイルアート 季節が織りなす光と影
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/finlandtextileart/


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。